• 朝倉

【11月28日】ここならではの砂地モノ

今日もポカポカ陽気のイイ天気♪

ちょっと心配だった西よりの風は、そんなでもなく・・・。

午前中からダイビングボートも出せたくらいでした。


さてさて、平沢ビーチらしい、内湾らしい粒子が細かめの砂で構成された海底。

元々ここ平沢を含む、もちろん沿岸域の海底も含めてですけど、内浦・西浦の地質は、今から約100万~50万年前に噴火を繰り返した達磨火山が噴出した溶岩流が冷え固まってできた岩盤がベースになっています。

それから長い年月をかけて礫を含んだ火山灰や砂泥が堆積して、今の海底の砂地が存在します。

だからこそ平沢ビーチの海底では、へえ~なるほどね・・・なんていう現象なんかもあるわけなんですけど、それはまた何かの機会に・・・。


そんな砂地にはこの辺り・・・奥駿河湾特有の生き物が生息しております。

ちょっと地味なカラーリングのやつが多いですけどね。


あっ、「特有」と言っておきながら、熱帯域にも生息しているらしいダンダラダテハゼ。

しかも、デカッ!!


そしてマルハナシャコ。

モビルスーツで例えるなら、モンハナシャコがガンダムなら、こちらのマルハナシャコは量産型のジムってところでしょうか・・・。


さらにコレ・・・。

砂地の広範囲に砂紋のような筋がありますね。

水温が下がり始めると例年見られるマガキガイの大移動。


自然の中で遊んでいる時、いろんな現象や生き物の生態に出くわしますが、そこには必ず「なんで??」に対する理由があるはずです。

それを探求して、再度海の中へ確かめにいくことは、そこが海中であれば我々ダイバーにしかできないこと・・・。

そんなダイビングの楽しみ方があってもいいのかな!? って、特にここ最近になってつくづく思います。


本日の海況

天気/ 晴れ

風/ 西より

風波/ ところにより少しあり

うねり/ ところにより浅場が少し揺れました

透明度(平沢ビーチ)/ 8~12m

透明度(淡島ボート)/ 8~15m

水温(平沢ビーチ)/ 20℃

水温(淡島ボート)/ 20℃


明日の予報

明日は東の風、午後から南西の風、いずれも風力は弱め、晴天の予報です。

明日はボートも含め、終日穏やかなコンディションが期待できそうです。