• 大谷

食われても逃げます


通り雨が過ぎて空がより青くなった平沢です。

海況はとても穏やか、透明度は浅瀬で5~6m、深場では8~10m、水温は22~23℃です。

東口入ってすぐのかんじです。

深場(水深13m)のかんじです。

貝殻をつつくキュウセンやトラギス、どうやか貝殻に残っている貝柱を食べているようです。

貝を最初にゲットしたのは、多分このひとですね。

野生生物にとっては、食うか食われるかの厳しい世界。

カサゴが何かをゲットしたようです。

飲み込んでいきますよ。

とうとう飲み込まれてしまいました、っと思ったら。

脱出成功。写真がよくありませんが左に逃げたヤマドリ、右が逃げられたカサゴです。

「食われても逃げます」。

今日の目印、最近お気に入りのオレンジの紐。この先1m弱のところに。

カエルアンコウが2匹いますよ。

手前のカエルが動いて奥のカエルに胸鰭をぐいぐいと押し付けていましたよ。

さて、明日は南の風よわい予報です。ビーチもボートも問題なく潜れるでしょう。

#カサゴの捕食 #ヤマドリの脱出 #カエルアンコウ