• 大谷

透明度回復


雨が降ったり止んだり、めまぐるしく変わる今日の空模様。

それでも海況は問題なく潜れています平沢。

そして透明度が大分回復しました、緑色は無くなり青くなりました。

浅瀬の透明度は5~6m、水深10mから8~10m、水深15mから10~12m、と水深とともに透明度もあがります。

水温は17~24℃と幅がありますが水深で調整できますね。

東口、入ってすぐガイドロープ沿い沖を見て左側にミナミハコフグがいました、これからの旬ですね。

エントリーした瞬間にまずまずキレイな水でしたから深場はどうかなとハクセンアカホシの所まで行ってみました。

ご覧の通りです、今日は3個体、1個体はいづこへ(奥に隠れているかなぁ)。

ハクセンまで行けばやはり2連ブロックも気になります。

冷たい潮だったのでアオリイカ本体は期待できませんが卵の成長が気になります。

目玉がしっかりとわかりますね、側でじっと見ているとはっきり見える瞬間がありますよ。

最近目撃情報のあるあたりにまた出てくれました、カエルアンコウ。

目印のウエイト、ここから2m弱の沖側にある海藻にいました。

こんな感じです。

アップ画像。

写真はありませんが東口浅瀬にアオリイカが小魚を食べに来ていましたよ。

ホンダワラに身をひそめて狙いをさだめて急降下。

産卵床だけではなく、上側に要注意ですね。

さて明日も南西の風が強い予報です、ビーチは問題なくボートもいけそうですが朝の海況判断次第ですね。

#ミナミハコフグ幼魚 #スナイソギンチャク #ハクセンアカホシカクレエビ #アオリイカの卵 #カエルアンコウ